富士見高原別荘管理 | 八ヶ岳の裾野、豊かな高原暮らしのお手伝い

薪ハウスにて

20171018 002.jpg

ビニルハウスに枠を造り、その中へ割った薪を積みこんで行きます。透明なビニルシートは日光を通し、夏であれば15分も入っていられないくらいの高温となります。割ったばかりの薪の断面からは水分がとんでいき、徐々に乾いていきます。十分に乾きますと拍子木をたたいたように高い音が出ます。

20171018 003.jpg

広葉樹(ナラ類)の薪です。ボコボコとした肌ざわりと持った時の重みが特徴です。乾燥が進むと断面がキツネ色やネズミ色に変わります。ストーブで焚くとゆらゆらとした炎を上げて時間をかけて燃えます。

 

お問合せ先

富士見高原リゾート
〒399-0101
長野県諏訪郡富士見町境12067

  • 0266-66-2121(リゾート本社)

富士見高原の新着情報

他メディアでも情報をお届けしています。

富士見高原ゴルフコース

 

現在地: Home ブログ 薪ハウスにて